F-Books
クラウド汎用IoT見える化システム

IoT導入における障壁は以下の3つと言われています。 
 
① センサ選定、IoTデバイス/ゲートウェイの開発~立上げをどうしていいのか分からない。
② クラウドのデータベース立上げからアプリケーション開発が難しい。
③ IoTで収集したビッグデータをどのように活用するかが分からない。
 
弊社はお客様のこのようなニーズに応える為、
『誰でも簡単に安価にIoT環境を構築出来る「汎用IoTプラットホーム F-Books」』を開発しました。

Bar Chart

3つのステップで誰でもIoTを実現できます

1

 IoTデバイス 
プログラム自動生成

2

クラウド 
データベース簡単設定

3

ビッグデータ
活用アプリケーション

FBooks.png

特徴

❶ハードウェアのプログラム作成が不要

弊社製のIoTユニット(センサデバイス+ゲートウェイ)を使用する場合は、ユニットに接続するセンサの種類を選択することによりクラウド内でIoTユニットのプログラムを自動生成することが出来ます。

これによりお客様のIoTユニットのプログラム作成が不要となります。

 

❷データの格納方法の設定が容易

IoTゲートウェイから取得したデータを、データベースにどのように格納するかをお客様が対話形式で入力することで、プログラムレスで定義可能にしています。

 

❸お客様が画面を自由に設定可能

各種名称、表題、表示データをお客様自身が変更することが出来ます。収集したデータをどのように処理し見える化するかを自由に簡単に設定可能です。

アラート機能も整備されています。

 

❹リーズナブルな価格設定

産学官連携で製品開発したことで開発費用を抑えられ、リーズナブルな価格設定が実現できました。

用途

FBooksS.png